「LoL Esports」発表!

2020.08.27

総合情報

「LoL Esports」発表!

Riot Games, Inc.(ライアットゲームズ)は、『リーグ・オブ・レジェンド(以下、LoL)』のポータルサイト「LoL Esports」の立ち上げを発表した。

今後、『LoL』の競技イベントの情報発信をはじめ、ファンのためのスポーツエンターテインメントのプラットフォームとして活用していくとのこと。

『LoL』は2010年のサービス開始以来、世界最大級の人気を誇っており、2019年に開催されたWorld Championshipの決勝戦では、過去最大となるAMA(平均視聴者数/分)2180万人を記録。
その人気は現在も衰えることなく、現在もeスポーツは業界をリードするコンテンツとして、数百名におよぶプロ選手が世界12地域のリーグで競技を行なっている。

競技のエコシステムには、新人選手の登竜門となる大学リーグも含まれており、『LoL』ではスポーツの体験を再定義する革新的なデジタル主導の取り組みが行われてる。

また、現在行われている2020年シーズンのSummer Split(国内ではLJL 2020 Summer Splitが開催中)では、昨年比で地域リーグが大幅な成長を遂げており、オンラインでのAMAが大きく増加。

LoLプロリーグ上位4地域(PL(中国)、LCK(韓国)、LEC(ヨーロッパ)、LCS(北アメリカ)では、TwitchおよびYouTubeにおいてAMAが129%増加していることが示され、 グローバルな視聴数が視聴者数が伸びている。
そういった状況を踏まえて、『LoL』の国際的な競技大会の情報を世界中のファンに公平に届けようという思いが、今回の「LoL Esports」の立ち上げとなったようだ。

今後「LoL Esports」では、地域リーグやグローバルイベントでみられたトップレベルのゲームプレイなどが楽しめる動画を発信することで、『LoL』の魅力とエンターテインメント性の高さを発信していくほか、独自イベントの企画も行なっていくとのこと。

LoL Esports

Copyright © 2020 XCom Global Inc. All Rights Reserved.
ページTOP