『Dojo館長のeスポーツ挑戦』FPS初心者が「Fortnite」に挑戦!建築の上達なるか!?

2020.12.16

Fortnite

『Fall Guys』新シーズン「Winter Knockout」が開始!新ステージが多数登場!

esports Dojoの名誉師範であり、ゲームを愛してゲームからは愛されない“Dojo館長”がeスポーツに挑戦する「Dojo館長のeスポーツ挑戦」。今回は「フォートナイト」に挑戦。

みなさんこんにちは、筆者です。

タイトルの通りesports Dojoの名誉師範であるDojo館長がeスポーツに挑戦して、成長していく過程と悪戦苦闘する様子を筆者のコメント付きで皆さんにお伝えしていく企画です。

いつも通り、館長の紹介から。

【Dojo館長】
esports Dojoの道場主であり名誉師範。
Eスポーツへの熱い想いを持って毎日を生きている。
ただし、ゲームの技術は皆無。

前回はサメに漁夫られるというミラクルを起こして惜しくもビクロイに一歩届かなかった館長。今回はどのような戦いが繰り広げられているのでしょうか。そろそろ建築合戦の高レベルな戦いにも少し期待したいところです。

それでは早速、動画をご覧ください。

【建築できない男の戦い】



初動は目も当てられないような場所に降りてしまいこの先どうなってしまうのかと思いましたが、あんなところにプレイヤーが下りてくる訳もなく、とりあえず一通りの物資を集めて建築のおさらいを始めたようです。

操作を確認しながら、かなりおぼつかない手つきで建築を行っていますが、どうやら今回は先撃ちされたときにすぐシールドを作れるように垂直壁を使っていくつもりみたいです。

これまでは何のために建築をするのか、いつ建築をしたらいいのか、というレベルでフォートナイトをプレイしたので、これでやっとフォートナイトとしての第一歩を歩み始めたような気がします。とてもいい感じですね!

、、、せっかくやりたいことが見えてきて、対敵したときのイメトレまでしているのですが、こんな時に限って全然対敵しません。

そんな思い通りに行かないというストレスもあってか、NPCに攻撃を仕掛けました。

ここで攻撃を仕掛けたということは、ある程度相手の攻撃のタイミングを操作できるNPCを利用して、建築で壁を作る練習をするのだろう、練習熱心だな、と思っていた筆者でしたが、撃ち返されてからはひたすら相手に背中を向けて走って逃げてしまいました。

どうやらむしゃくしゃして撃っただけのようですね、、、。

その後念願の対敵となりますが、建築を使うまでもなく立て続けに4人キルしていきます。
館長のレベルと似たようなプレイヤーとマッチングしているので、まだ相手も建築を使ってくる方はほとんどいませんが、それでも勝てるというのは大事なことです。

平地で勝てない人は建築ができるようになっても結局撃ち負けてしまいますからね。

そんなこんなで、道中にさらにもう1キルを稼ぎラスト1v1まで来ました。
前回はサメにビクロイを阻まれてしまいましたが、今回は完全に陸地なので同じ轍を踏むことは無さそうです。

最後は相手の方の決め打ちがうまく決まらなかったことも幸いし何とか打ち勝ってビクロイを獲得できたようです。おそらく相手の方は館長の姿が見えていたのですが、窓ガラスの部分は弾が貫通するものだと思って撃ったのですが、貫通しなくて焦って一瞬ツルハシに持ち替えてしまったのでしょう。

この一瞬のミスが無ければ、完全にショットガンのレンジなので館長が先にダウンしていたはずです。このゲームのオブジェクトはツルハシで破壊できるという性質から、弾丸の貫通や通り抜けができないものが非常に多いのでそのあたりも注意しておく必要があります。

こうして今回も危なげなくビクロイを獲得した館長。
まだ相手の方が建築を使ってこない今の内に建築ができるようになって、他のプレイヤーに刺激を与えられるような存在になってくれるとこちらも応援の甲斐がありますね!

ところで、このゲームのマッチングってどうやって組まれているのでしょうか。キルレで組んでいるのであれば館長は今かなり高いと思うので、それは無さそうな気がします。ということはプレイヤーのランクなのでしょうか。プレイヤースキルでマッチングされているなんて噂も耳にしますが、それでここまでドンピシャなマッチングをしているのであれば、素晴らしいマッチングシステムを持っていますよね!

詳しい方がいらっしゃいましたら、コメント欄で教えていただけると嬉しいですので、ぜひよろしくお願いします!

Copyright © 2020 XCom Global Inc. All Rights Reserved.
ページTOP