『Dojo館長のeスポーツ挑戦』FPS初心者が「Fortnite」に挑戦!今回の敵はサメ!?

2020.12.11

Fortnite

『Dojo館長のeスポーツ挑戦』FPS初心者が「Fortnite」に挑戦!今回の敵はサメ!?

みなさんこんにちは、筆者です。

タイトルの通りesports Dojoの名誉師範であるDojo館長がeスポーツに挑戦して、成長していく過程と悪戦苦闘する様子を筆者のコメント付きで皆さんにお伝えしていく企画です。

いつも通り、館長の紹介から。

【Dojo館長】
esports Dojoの道場主であり名誉師範。
Eスポーツへの熱い想いを持って毎日を生きている。
ただし、ゲームの技術は皆無。

前回のフォートナイトでは初回からいきなりビクロイを獲得することに成功した館長ですが、果たして今回も同じようにうまくいくのでしょうか。筆者は全然ビクロイが取れないので館長にも一度あの苦しみを知ってほしいのですが、、、、

それでは早速今回の動画をご覧ください!!

【サメに漁夫られる男】



まずタイトルについてですが、今のところ何のことだか全然わかりません。
サメのスキンを着たプレイヤーに漁夫をかまされたのでしょうか。

とりあえず館長は前回のビクロイはBOTが相手だったということにして、初の対人戦としてかなり気合を入れて試合に臨んでいるようです。

前回の動画では一度も見ることのなかった宝箱を開封してとりあえず武器を持ち、果敢に撃ち合いに行きます。今回の撃ち合いではショットガンらしく遮蔽物から顔を出して撃ったり、時折ジャンプを折り混ぜたりしていて確実に成長しています。

後から聞いたらジャンプは意識していた訳ではなかったようなのですが、それはそれでOKです。相手からすると弾を当てにくいことに変わりはありません。

こうして初手では順調に2キルをかっさらったみたいです。

そして、続いて念願の建築です。

開けたところで思い出したかのように建築を始めました。
誤入力によるエモートが発動していますが、前回建築のことが頭からまったく抜けてしまっていた館長をみているので、筆者の方は踊り出すほどうれしかったです。慣れていない状態で建築を巧みに操ることはできないはずなので、少しずつ慣れていっていずれは相手の弾を防いだり、高所を取ったりしてほしいところです。

いよいよヘッドセットを装着して最終局面に向かいます。

安置に向かう途中で撃たれたときにとっさに建築をしてくれるとかっこよかったのですが、さすがにそれはねだりすぎ。方向は少しおかしかったですが、しっかり木の裏に隠れるというシューターらしい動きをして相手を処理してくれたので結果オーライです。

残りプレイヤー数が3人になったところでショットガンからアサルトライフルに持ち替えて遠くの相手をキルしました。相手プレイヤーは焦って川に逃げていきましたが、撃ち合いで水中側が陸にいるプレイヤーに勝つことは難しいので、ここは陸から建築で上を取って水中の館長を狙い撃ちが正解でしたね。相手の方も館長と同じでまだ始めたばかりなのかもしれません。

そうしているうちに、いよいよ一騎打ちです。

途中サメにかまれるというアクシデントに見舞われましたが、何とか相手の位置を把握して、位置関係的にもエイムさえ暴れなければ勝てるという素敵な状況が出来上がりました!!

こうして館長、まさかの2連続ビクロイ獲得か、、、としみじみしていたら、

何と館長、サメにかまれて死んでしましました。

タイトルのサメに漁夫られるってそういうことだったんですね。
ほんとにサメに漁夫られる人なんて館長以外にいるのでしょうか。

筆者は凄く残念な気持ちになりましたが、よく考えると館長はまだ人に撃ち負けた経験はありません。もちろん相手の方がまだ初心者が多いということもあるのでしょうが、それは館長とて同じことです。前回も言いましたが、館長実は意外とセンスがあるのかもしれませんね。

前回、今後の目標として「建築」「動きながら弾を当てる」「アイテムを覚える」の3つを立てていましたが、動きながら弾を当てるは徐々にできるようになってきています。この調子でガンガン建築をして、高度なフォートナイトらしい戦いができるよう筆者も陰ながら応援していこうと思います。

Copyright © 2020 XCom Global Inc. All Rights Reserved.
ページTOP